読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第34首 またおまえとがんばってく

運命戦の基本は自軍死守だが、太一は敵陣を攻めて行った。その作戦と太一の視線に、西田は自陣「あ」の札がまだ残っているのかと半信半疑になる。空札が続いて消耗する中、太一は考える。

千早…… おまえだったらわかるのかな 「あ」になる前の音 「せ」になる前の音 千早 おまえだったら

次に出たのは、西田側にある「あ」だった。太一敗戦。

 

着替えを終え、太一は西田に残り札が分かっていたかどうかを尋ねる。西田は正しく把握していなかった。

「よかったな 運がよくて」

そう言って部屋を後にしたものの、西田に当たったことを、太一は後悔。負けたのは運のせいではなく、前半の取り漏らし、技術の差。

きついな 一生懸命って…… 言い訳がきかねえよ

ロビーの椅子に座っていた太一の横に、西田が何も言わず腰掛けた。

「…… ごめんな」

太一が謝り、西田も返す。

「また おまえとがんばってく」

 

D級は三位入賞で昇級なので大江と駒野、B級優勝の西田で、三人が昇級。大江が振り返る。

「私 今日の決勝戦は 私の120パーセントが出せたと思います でも それはたぶん 相手が机くんだったから…… 勝ち負けをおいて自分のかるたをしようって 気負いがなかったから……」

千早は頭の中で反芻する。

気負い… 気負いかあ……

帰りの車中。千早の隣に座る太一が眠りに落ち、車の振動で窓に頭を打ち付けている。千早は太一の頭を引き寄せ、自分の肩に乗せてやる。皆は黙って注目。

私も太一も 気負ってばかりだ

千早が言う。

「…… 団体戦がしたいね みんなでまた チームになりたいね」

A級二人、B級一人、C級二人なので、団体戦をやったらかなり強い。

チーム 私の大事な

 

一方、福井で練習中の新。実力者の村尾に勝つなど、会長にも期待を掛けられている。壁に貼ってある大会の結果表に、西田と太一の名前を発見。村尾はA級で三位。新は名人戦西日本代表を目指すことを宣言する。

 

ちはやふる(6) (BE LOVE KC)

ちはやふる(6) (BE LOVE KC)

 

 

memo

読まれた札は 「つきみれば」 「わがそでは」 「ももしきや」 「ありまやま」 「あしびきの」。千早が太一に肩枕をしてあげるのは第29首の逆バージョン。その美しい描写とともに、「私の大事な」のコマにかかるように新の姿。作者はとことんSだ。