chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第36首 一人だったらどうしようと思うんだ

新と再会した太一。同じく久しぶりの再会となったそれぞれの恩師の賑やかさに呑まれ、新との会話は彼の師の説明を聞いた程度。三回戦の試合へ向かおうとする太一を新は呼び止め、二つ折りにしたメモを渡す。

「おれ ちょっと勘違いしてたわ 今日 太一はA級で出ると思ってたんや」

その言葉が太一に影を落とした。

「もし必要やったら それ千早にも教えて」

太一が渡されたメモを開くと、新の携帯電話の番号とメールアドレスが書いてあった。

 

千早は駒野からの怒りのメールも振り切り、大会会場へ急ぐ。

なにしてるんだろう 私…… 勉強のことも かるたのことも 自分のことはなに一つ前に進まないのに だけど 太一が勝ったとき 負けたとき 一人だったらどうしようと思うんだ そんなのはいやなんだ

千早が会場に到着し、ロビーに座る太一を発見。途中経過を訊く。

「負けたよ 3回戦で」

ショックを受けている千早に、太一は伝える。

「千早 新が出てる」

千早は試合会場へ行き、新がかるたを取る姿を見詰める。原田先生もその視線の先に気付く。原田が控室に行くと、太一がメモを見て、それを握り潰し、肩を落としていた。

新のかるたは水が流れるがごとく、札に向けて自然に手を伸びて行く。水面を弾くように、札を飛ばす。千早は魅入られていた。

暗い表情のまま、会場に戻る太一。千早が太一の手首を急に掴んで来た。

「太一 太一 やったね! やったね!」

以前、太一は千早に言った。

強くなってあいつを待とう 新は必ず戻って来るから

千早は涙を零している。

太一 やったね

太一の目からも涙が伝う。

いやだと思う気持ちと一緒に おれの中にもやっぱりあるんだ やった 新が帰ってきた

 

ちはやふる (7) (BE LOVE KC)

ちはやふる (7) (BE LOVE KC)

 

 

memo

新が何気にドス黒い。彼は太一が直近の大会でB級準優勝と知っている筈。その前にあった全国大会B級準優勝という情報を得ているのかの描写はない。A級ではないと分かっていて嫌味を言ったのか、発破かけてるのか、「B級」での準優勝であったことを見落としていたのか、昇級済みだと思っていたのか。いずれにせよ、お互いに、というか常に皆、言葉足らずだ。

千早が会場で向かう最中に 「こぬひとを」、新を見つけた瞬間に 「めぐりあいて」、その後 「かくとだに」 「もろともに」 「かささぎの」の空札が続き、 「かぜをいたみ」が読まれたところで水を弾くイメージが描かれている。

 

太一の高校一年次の公式戦はこれで終了。一年分の戦歴を纏めておく。

 

全国大会予選

  • 栄光大付属
  • 秀龍館
  • 華咲学園
  • 準決勝 冨原西
  • 決勝 北央 木梨浩 8枚差

全国大会団体戦

  • 佐賀・武知
  • 大戸川添
  • 輝星
  • 岡山・? ※恐らく勝利
  • 静岡・富士崎 ※勝敗不明、チームは敗退

全国大会個人戦B級

  • - ※不戦勝
  • 勝戦 富士崎 戸田 ●3枚差で敗戦、準優勝

石川県金沢市北国かるた大会 B級

  • ●詳細不明だが敗退

埼玉大会B級

  • 一回戦 木梨浩 3枚差
  • (この間試合数など不明)
  • 勝戦 西田優征 ●運命戦で敗戦、準優勝

吉野会大会B級

  • 一回戦
  • 二回戦
  • 三回戦 ●敗退