chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第38首 頭と身体両方いるんだよ

東日本予選まであと三日。定期試験が終了し、千早は早速練習を再開していた。イメージするのは、吉野会大会で見た新。

水みたい 流れてるみたい あの印象を 身体に降ろすには

駒野が千早の陣から取ったが、千早が妙に静かだ。

いつもの綾瀬なら…… 取られたら上とか横に首が振れるのに 目から札が離れない

二戦目の相手は西田。千早はかるたを混ぜながら考える。

私 かるたが好きだ 新をもう一度 連れてきてくれた

太一は千早を見ていた。

夏の全国大会からずっと どこか焦ってるような練習だったのに 新に会ったから?

そんなことを考え、若干苛々。

変わるよ おれだって

読手は太一の番。千早以外の皆が気付いて青ざめる。太一は札を見ず、百首をランダムに被らず、完璧に暗唱していた。暗記の訓練に良いらしい。しかし、西田が指摘。

「…… わかったぞ それ 長所で短所だ おまえの頭の中 文字ばっかなんだ! 読まれた札の把握ももちろん大事だけど 動いていく競技線の中の札を もっとちゃんと感じないとダメだ 目で絵として! おまえ 恥ずかしがって素振り全然しねーだろ 札と自分との距離感とか叩き込めよ かるたは頭と身体両方いるんだよ!」

太一は素振りをしていないという自覚があった。

”速く速くと思うのに 腕につながらない” 頭と身体――…

早速素振り談義を始めた二人に、千早も嬉しそう。そして、千早のテストの結果は赤点なし。宮内先生からもクイーン戦予選を応援される。駒野のお陰なので、まずは駒野に握手を求めて感謝。

私 かるたが好きだ 好きだ

仲間達が髪をわしゃわしゃして労ってくれる。

好きだ

 

十月。名人位・クイーン位挑戦者決定東日本予選大会。「音」が大事でエアコンがなく熱いので、袴は着用せず。周囲が賑やかな中、一人窓の外を見る千早に、太一は願う。

千早が集中している いい感じだ このまま このまま一回戦に――…

と思ったら、須藤が邪魔しに来た。高校選手権で優勝か準優勝、もしくはクイーンになったら、有名私大に推薦で行けると言う。須藤は千早の頭を煩悩でいっぱいにした挙句、二人で早く敗退した方が坊主になるという賭けを持ち掛けて来た。

せっかくいいテンションできてたのに…… また余計な気負いを……

千早の一回戦の相手は小6のスピードスター、若宮と同じ四年生でA級になった立川梨理華。

 

ちはやふる (7) (BE LOVE KC)

ちはやふる (7) (BE LOVE KC)

 

 

memo

「速く速くと思うのに 腕につながらない」は全国大会B級決勝戦第28首より。登場する札は 「ゆうされば」 「わびぬれば」、太一暗唱で 「たちわかれ」 「やまがわに」 「ゆうされば」 「ほととぎす」。