読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第39首 天才に潰されないために

千早の対戦相手は小6の立川梨理華。

軽い 身体全体で飛び出しても軽い 速い お手つきを怖がってない 耳もいい――……

取られ続けている千早を見て、太一も焦る。

千早より速いのか!? まさか―― 千早…… 競技線から下がってる――

苦戦していた千早だが、上手く取れた。

あっ… 合った! いま読手さんと呼吸が合ったー!! 「速く」じゃなくて 「ちょうどよく」取る できる人には簡単なことかもしれないけど 私には

立川が呟いた。小さな声だが、千早には明瞭に聞こえた。

「取ってるけど 遅いじゃん」

しかし、速いと言われて嬉しい彼女の気持ちが、自分と似ているので良く分かる。冷静にじっくり戦っていく。以前対戦して千早に速さのことを指摘して来た金井や、原田の言葉の意味をやっと理解する。途中、窓の外から原田先生の指令。

速く取っていいよ! GO!

それを機にスピードを上げる。まだ小学生の立川は半泣きになりながら、一生懸命取っている。

なんだっていい かるただってなんだって なにかを大好きになってほしい 自分を大好きになってほしい――…

千早は一回戦に勝利。原田が言う。

「ぼくは… 千早ちゃんに たくさんの武器をあげたいんだ ”感じ”だけじゃなくて 流れの読みも呼吸も正確さも かるたで一番大事なのは才能だ でも それにもレベルの差がある 一つだけじゃダメだ 武器がいるんだ クイーンや なによりいまの名人のような 天才に潰されないために」

その頃、公園のベンチで鯛焼きを食べる男が一人。

「やっと2回戦」

 

ちはやふる (7) (BE LOVE KC)

ちはやふる (7) (BE LOVE KC)

 

 

memo

読まれたのは 「いまはただ」 「はなさそう」 「しらつゆに」 「つくばねの」 「きみがため・は」 「ありあけの」 「むらさめの」。外での観戦に途中から、須藤と対戦中の筈の肉まんくんが混じっている……泣