chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第40首 私が挑戦者になる

注目選手の立川が破れ、心無い人達が噂する。

「若宮詩暢の再来かと言われてたけど あれほどの才能じゃないねえ」

千早は昔、新に言ってもらったことを思い出していた。

梨理華ちゃんだって きっと最初はだれかに言ってもらったんだ ”才能がある” 宝物にしてきたんだ 簡単に触れないで

太一は仲間から離れ、新にメールを打ち始めた。

千早一回戦突破。新もがんばれよ。

画面を見て思う。

がんばれじゃねえ がんばれじゃねえよ

突然、サングラス姿の男が和菓子を差し出しつつ、太一に話し掛けて来た。

「きみは A級の人?」

太一が応援で来ていると答えると、「じゃああげない」と和菓子を引っ込め、去って行った。見れば、手当たり次第同じことを訊いて該当者にだけ和菓子を与えている。原田先生にも和菓子を差し出し掛けた。

「私はけっこう 試合まえに固形物食べて眠くなったら困るので 周防くん」

彼こそが現名人の周防久志だった。原田が、一般の大会には出ず名人戦だけなのか、と尋ねる。

「すみません 強い人としか戦いたくないんです……」

周防の声は常に小さく、聴き取れたのは言われた原田、傍にいた太一、そして千早だけ。原田は立腹。周防は大学でかるたを始めて僅か3年で名人になり三連覇。

「悔しいじゃないか 今年こそ 私が挑戦者になる!」

太一は原田の言葉を思い返す。

武器がいるんだ 天才に潰されないために

千早が原田に二回戦の相手を報告しているが、原田はあっさりしたものだ。

「山本由美さん? ほんとに? 千早ちゃん 運ないなー! じゃあねー」

太一はメールをまた打ちながら考えていた。

おれたちの武器は 原田先生がいてくれることだ がんばれと言わず がんばってくれてることだ

 

西日本大会一回戦は、新は突破したが、兄弟子の村尾が敗退。彼は二年前に名人に挑戦した実力者である。最近は練習もしておらず、諦めたようだ。村尾が立ち去り、残された新の元に太一からのメールが届いた。

千早一回戦突破。おれも必ず東日本代表を目指すから 新は西日本代表になれ

 

千早の二回戦の相手、前クイーンの山本由美は憂鬱そうに座っている。

綾瀬千早さん…… うわさどおりきれいな子…… 名前も顔も平々凡々な私とは大ちがい…… イヤになる なんなの そんなキラキラした目して…… やりにくい…… ああ もう なんで私…… また予選になんて出てるんだろう……

 

ちはやふる (7) (BE LOVE KC)

ちはやふる (7) (BE LOVE KC)

 

 

memo

勝利後の千早の背景に描かれた札は 「ちはやぶる」 「ちぎりきな」 「わがいおは」 「つくばねの」 「ゆうされば」 「わたのはら・や」。周防と太一の対面は、非常に印象的な見開きページになっている。