読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第54首 次の夢は日本一

千早は激務の修学旅行委員の当たりクジを引いてしまうも、かるたの試合を控える千早を気遣い、堀川が自主的に代わってくれた。

六月、全国高等学校かるた選手権大会東京都予選。初めて袴を身に着けて感動している花野に、大江も嬉しい気持ち。筑波は練習でも勝てず試合に出れないのに、応援に訪れた弟達に「勝ちまくる」と大見得を切る。

会場で遭遇した北央のヒョロが、西田に言う。

「肉まんくん きみも人がいいよねえ 実力的には勝ってるのに まだ真島に部長させてるなんて この万年B級のまつげくんに!!」

太一は皆に内緒で広島や京都の大会にも出場し、勝ち切れずまだB級というのが現状。ヒョロもなので、お互いさまではある。

開会式で前年優勝校としてトロフィーを返却する千早。

みんなで戦って 初めてもらったトロフィー 必死だった 前しか見てなかった もう一度この手へ そして全国へ 次の夢は日本一

駒野が考えた初戦のオーダーは二年生揃い。筑波が運営に提出しに行くと言うが、西田が何気なく見ていると、駒野の文字を消して筑波に書き換えていた。西田に口応えする筑波の額を、太一がペシンと叩いて静かに言い放つ。

「頭冷やせ できないなら 帰れ」

駒野はオーダーを再考。一回戦は自分に代わって花野、二回戦で大江の代わりに筑波を入れることにした。駒野は筑波の表情や大きな声が武器になると励ます。但し、他の三人は全試合出ずっぱり。

「真島 肉まんくん 綾瀬 頼んだよ」

一回戦から迫力ある取りで圧倒する千早。筑波は駒野に訊ねる。

「あ あの…… なんで おれにチャンスくれたんですか? 失礼なことたくさん言ったのに……」

駒野は前年に自分が試合を放棄して帰ろうとしたことが頭にあった。

「おれもあるから…… チャンスもらったことがあるから 焦らなくても筑波くんはすぐ強くなる 大丈夫 熱意も才能もある 大丈夫だ」

花野は対戦相手の男子に札の位置を教えられたり、わざと手に触られたり。千早は男子相手でも手になど触らせない、女子だからと舐められもせず、25枚パーフェクトで勝利。花野も集中し、千早に以前言われた通り、速く取りたくなって来る。

シャクだけど その通りみたい

瑞沢かるた部、まずは秀龍館に一勝。

 

ちはやふる(10) (BE LOVE KC)

ちはやふる(10) (BE LOVE KC)

 

 

memo

読まれているのは 「たまのをよ」 「はなのいろは」。