読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第58首 いろんなものでできてるよ

千早は燃えている。

「目標は日本一だよ 日本一っていうのは 一度もどこにも負けないってことだよ」

一方、西田驚愕。ヒョロの傍に姉がいる。最近出来た彼というのが、ヒョロらしい。

北央戦のオーダーを練る瑞沢チーム。花野が偵察で得た情報より、甘糟が太一に勝ち、駒野と大江なら誰でも勝てるから、それで三勝、と計算していることが分かる。勝ち星重視で、千早と西田のことは無視だ。それが強豪校の全力なのか、と愕然とする千早。一方、三勝分と名指しされた三人は闘志を燃やす。

筑波はオーダーを提出する前にまた、大江の名前を自分に書き換えようとして怒られる。だって疲れ気味に見えた、でも試合の雰囲気に慣れて来た、などと言い訳する筑波に、太一がキレる。

「……わかった 今日からうちの部の男子部員において 『だって』と『でも』は禁止する!!」

千早はその理由を太一に問う。

「おれは小3から禁止されてる 母親の言うことにいろいろ疑問はあるけど 言い訳に自覚的になるのは悪くない」

感心する千早。太一の肩をぽんと一叩き。

「私 太一のお母さん 怖くてちょっと苦手だけど…… すごいねえ 太一の強いとこはお母さんがつくったんだねえ」

 

北央は自信を持って組んだオーダーで挑もうとするも、実力が拮抗した者同士の対戦となる。ヒョロがわざと「占い」を外したのだ。

「…… 省エネってなんですか… うちは北央学園じゃないですか…… 大将が大将と当たって… 副将が副将と当たって… それで勝たなくてどうすんですか 東京でいちばん強いのは北央学園 なによりおれが それを見たいんだ!!」

立てつくヒョロを突き飛ばす甘糟。しかし、背後に皆が恐れるOB須藤登場。

「東京でいちばん強いのは北央学園? なに当然のこと言ってんの」

須藤は決勝の読手として来たのだった。ヒョロは須藤が来ることを知っていて、自身は部長なのに知らなかった甘糟。北央の持田先生は、甘糟がいつも手を抜きたがることを憂慮している。

瑞沢チームは宮内先生が作ってくれた襷をかけ、試合に臨む。心遣いに、揃って感謝の一礼。太一の対戦相手はヒョロ。お互いに勝ち切れずB級で、広島に京都と行く先々の大会で遭っていた。

うんざりするのに ホッともしていた あいつも自分を諦めない

太一は千早に言われたことを考える。

千早 おれはいろんなものでできてるよ おまえだってそうだろう?

両校全国大会を決めて消化試合の筈なのに、漂う緊迫感。須藤の、思ったよりずっと、深く響く声で始まる序歌。

 

ちはやふる(10) (BE LOVE KC)

ちはやふる(10) (BE LOVE KC)

 

 

memo

西田姉が本編に出て来るのって、これが初? 何歳で何やってるんだろう。学生や勤め人には見えないし、フリーターかまさかの本物のデザイナー?

第10巻終了。巻末四コマ漫画のネタは、彼女持ちキャラ探し、経験者の余裕?な太一、千早とかなちゃんの彼氏タイプ。