読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第59首 いま口に出す言葉は大丈夫かじゃない

勝戦。千早は甘糟に初っ端から連取され、札の取り方を何度も確認。試合中なのに反省? と甘糟に嫌味を言われるが気にしない。西田はやり難そう。大江は「ボイン重そうなのに」と舐められつつも連取。

さっきの読手さんは―― ある意味すごく存在感があった でも 須藤さんは須藤さんなのに溶けてるみたい 信頼できる

原田先生も須藤の読手を褒める。須藤が持田先生に言って来たのだ。

先生 おれ 読手の講習会行ってみる 周防名人は札や相手の研究より 読手のほうを研究してる気がする

持田は須藤を嬉しそうに見る。

須藤くんの良さは あの気位の高さ 不思議だけど 本当に高いプライドは 人を地道にさせる 目線を上げたまま

甘糟は千早に七枚差でリードしているが、千早の神経質な札の確認ぶりに若宮を連想。

やってろよ 遠く見て 背伸びして 目の前の試合落としたらいい

太一の対戦相手のヒョロは、奇声を発しながら手を出して来る。大江は五試合目でも、慣れた着物のせいで疲れていない。

宮内先生は熱戦を見て思う。

知れば知るほど不思議だわ 競技かるたって…… 男女の別なく 体格の別なく 年齢の別なく 知性と体力の別なく 読まれた瞬間に千年まえとつながる そんな競技いくつもない

西田が早い段階で、まさかの束負け。太一が見渡すと、大江と駒野は接戦、千早も五枚もリードを許しているという展開。太一は千早に「大丈夫か」と声を掛けようとして止めた。

おれだって接戦―― いま口に出す言葉は「大丈夫か」じゃない 「瑞沢一勝!」だ

千早は名人やクイーンのレベルになりたかったが、今は甘糟にも勝てない。駒野に言われた一字決まりのことを考え、集中する。「ひ」の一音で、皆が驚く速さで一枚取った。原田が勘付く。

千早ちゃん きみは2つの強さを手に入れようとしてるのか

 

ちはやふる(11) (BE LOVE KC)

ちはやふる(11) (BE LOVE KC)

 

 

memo

読まれたのは 「すみのえの」 「かささぎの」 「あわじしま」 「たかさごの」 「いまはただ」 「よもすがら」 「こいすちょう」 「わがそでは」 「ひさかたの」。