chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第62首 かるたをやってる限り大丈夫

都大会予選で優勝出来なかったことに落ち込む千早。クイーン戦のDVDを毎日のように見て、若宮のように正確に動けるようになりたくて、それが強い人に通用するのか知りたくて。

あれは個人戦じゃなくて団体戦だったのに 私の負けがみんなの負けになるのに

 

花野は白波会で練習。太一は思うところもあるが、花野の入会が意外だ。花野は太一ににっこり笑って言う。

「だって かるた 楽しいじゃないですか」

しかし、それに同意した筑波に本音をぶちまける。

「楽しいわけないじゃん かるたなんて 暑いし きついし 疲れるし 勝てないし 悔しいし さっきのコメントは真島先輩用!」

打算だ。花野の頭には大江の言葉――「伝える」「伝わる」はルールの向こうにある。

この恋のルールは たぶん かるたに真剣になること 同じルールで 真島先輩は綾瀬先輩を見てる 伝わるのを待ってる

練習相手は原田先生。太一がいい、と騒ぐ花野の考えていることは分かり易いと思う筑波。

でも わかってないよな おまえもうだいぶ かるたが好きだよ

太一は坪口とかるたを混ぜつつ雑談。千早が正確さ重視ではなく、速さ全開ならば勝てていたのにと指摘される。太一は千早が帰りの電車で泣いていたのを知っているので不機嫌。

「わかってますよ わかってますから 言わないでやってください」

坪口はまだ尚、千早のことを言う。

「難しいよな 新しい武器を手にいれるとき どうしても一時的に結果は悪くなる それでも手に入れにいくか すでに使える武器だけをより磨くか――」

 

千早は母に連れられ、買い物に出掛けることになった。着いた先は、呉服の大江。千早の袴を買うと言う。着物と袴を試着する千早に、千早母は感慨深げ。

「初めて大会を見たときに 思っちゃったんですよね ああ 大丈夫だ かるたをやってる限り 千早は大丈夫だ」

芸能界に入った姉の方が心配で、放っておいて千早に悪かった、と母は思っていたのだった。競技かるた用に地味で出来合いのでも良かったのに、と千早は言うが。

「だって千早 もしかしたら――」

母の頭を掠める、テレビカメラに抜かれる競技中の千早――

 

千早は元通り、DVDを見ながらかるたの練習を始める。

私の勝ちが みんなの勝ちになるから

 

ちはやふる(11) (BE LOVE KC)

ちはやふる(11) (BE LOVE KC)

 

 

memo

菫にじゃれつく筑波弟達。