chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第67首 これ以上がっかりしとうない

瑞沢の二試合目は、東大合格者数ナンバーワンの山口美丘高校。高校生クイズ選手権の優勝メンバーが三人も並んでいる。彼等はシャッフルした札をそのまま中央に固めて並べた。自陣に定位置がないらしい。太一が皆の様子を確認すると、千早があからさまに動揺を見せている。

オイッ キャプテン オイオイオイ キャプテ~~ン

 

大会実行委員会は新のことで協議。変人で知られる現名人を倒せそうな有望株ということで、むしろ新に厳しい処分を出したくない運営側。反対するのは一部だけ。替え玉を頼んだ翔二も掛け合うが、新自身は処分を甘んじて受け入れる構え。結論は出ない。

たぶんおれは うらやましかったんや チームを持ってる太一と千早が ごめんな ごめんな

 

宮内先生が相手校顧問と話す。かるたはゲーム感覚で集中力と暗記力が磨けるのが都合良い、競技かるたの練習しかしていない学校には意外と勝ったりすると言う。にこやかに対応しつつ、怒りでいっぱいの宮内。しかし、頼みの千早は全く駄目な様子。

どうしよう 私 攻めがるたなのに 敵陣攻めてなんぼなのに 真ん中に集めた等間隔の配置 こんなの見たことない

相手がまた配置を変えて来た。千早は空札をお手つき。太一も声を掛けられない。

千早 気をつけろ 頭のいい人間が冷やかしでかるたに手を出したかと思ったのに ちゃんとかるたをわかってる 強いぞ

彼等はクイズの早押しとかるたに共通点を見出し、かるたを始めた。”感じ”がいいわけではない。決まり字を推測し、「決断」しているだけだ。

ボタンを押さないと解答権は手にはいらないんだ 閃きを信じる 攻めるよ

千早自陣の大山札が読まれ、千早は無事取った。敵陣を何枚も払いながらも取った。しかし、こんなのは千早のかるたではない。

外は雨。雷が鳴って窓を見れば、不気味に張り付く濡れ鼠の女生徒。クイーンだ、激痩せ、などと皆が口々に言うのを聞きつつ、千早も小さく笑った。

詩暢ちゃん 去年と同じくらいの体型になったね 私は成長した?

 

ずぶ濡れの若宮が建物内に入って来た。新は若宮に個人戦に出れなくなったと報告。若宮は運営の先生に言い出す。

「綿谷新が出んのやったら 私も明日 棄権しますけど」

クイーンの若宮が出ないのは皆困る。若宮は新の頭を抑えつけ、共に先生に頭を下げる。

「なんやようわからんけど カッコつけんでちゃんと頭下げえな 個人戦出してくださいって 私からもお願いします 先生」

楽しみにしていた鳥人間コンテストは悪天中止となってしまった。

「これ以上がっかりしとうない あんたは私と戦いたくないんか」

若宮が新の頭から手を放すが、新も若宮も先生に頭を下げたまま。

 

千早は我に返る。

詩暢ちゃんに 新に どんな私を見せるの 高1の私じゃなく 小6の私じゃなく

 

ちはやふる(12) (BE LOVE KC)

ちはやふる(12) (BE LOVE KC)

 

 

memo

一緒に頭を下げる漢前の詩暢ちゃん。読まれた札は 「わびぬれば」 「あらざらん」 「たれをかも」 「このたびは」 「ふくからに」 「きみがため・は」 「なにわがた」。