読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第71首 いざ尋常に勝負

観衆は瑞沢対明石第一女子戦は明石第一女子有力で、北央対富士崎を事実上の決勝戦と見ている。千早は逢坂に嫌な札を次々送られ、狙い札も上手く取れない。須藤が逢坂を観察。

見た目よりずっと気の強いかるたを取る子だな 「やす」も「しの」も綾瀬が敵陣で攻めたい札 それが自陣にあることで守らされる気持ちになる 攻め込まれる気持ちになる

宮内先生は別の視点で観察。

相手は細い女の子たちばかりなのに強く見える この統一感…… まさか ポイントはハチマキ!? 次に作るべきはハチマキ!!

筑波は居眠りをして、花野に叩き起こされる。男の自分でも疲れのあまりそうなってしまうのにと、試合に出続けている大江が心配になる。

千早は札を見ながら、攻めるか守るか迷う。原田先生が頭の中で訴えかけて来る。

千早ちゃん 苦しいときの右下段!! なにがなんでも右下段!!

狙った瞬間に右下段から出たが、逢坂が自身の名前にもある「めぐりあいて」の札を取り逃す筈もない。

これが西の代表…… ちがう あの予選の日より もっともっと速さを磨いた クイーン候補

逢坂は部活動に熱心でなかったが、素質に運も味方して出たクイーン戦予選が転機となった。その時に負けても本人は悔しがらなかったが、周囲に盛り立てられ、強い今の立場を作ったのだった。

千早は「かぜそよぐ」の札で何とか一枚。大江が「風そよぐ、ですね」と声を掛けて来る。

かぜそよぐ ならのをがはの ゆふぐれは みそぎぞなつの しるしなりける

清々しく暮れてゆく夏の最後の一日を詠んだ歌。気付けば、雨が上がっている。

千早ちゃん 八百年まえ 「風そよぐ」と詠んだ心は とても涼やかだったはずです 風が 聴こえるほど

千早は大江のその解説を覚えている。次の札「すみのえ」が夢に纏わる歌であることも。前を見据えた。

恵夢ちゃん いざ 尋常に勝負

 

ちはやふる(13) (BE LOVE KC)

ちはやふる(13) (BE LOVE KC)

 

 

memo

仲間のふとした言葉が試合中役立つ場面が結構あるけれど、いいよね。読まれたのは 「おぐらやま」 「めぐりあいて」 「よをこめて」 「かぜそよぐ」 「すみのえの」。