chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第72首 得意がかすむほど苦手をなくすこと

千早がさっきは取れなかった敵陣右下段の一字決まりを抜いた。しかし、やった! と思った瞬間に逃げていく集中力。千早はまたペースを乱し始める。逢坂に期待する観衆はそれぞれ口にする。

自陣の一字決まりを取られても 悪い流れにさせない さすが 西の代表ってところか 明石女子のエースでムードメーカー 逢坂恵夢の出来に勝敗はかかってる

際どい取りがあった。西田の忠告に従い、千早は自分の取りだと主張する。相手がすんなり認め、千早はむしろ動揺。仲間達は呆然。

ダメだ…… 譲られて逆にペース乱すなんて 心底モメるの向いてねえ……

駒野は花野の偵察メモに、相手が未練たらたら悲恋系歌手のツアータオルを持っていると記されていたことを思い出し、相手が得意そうな恋愛系の札を抑えて行く。

まずおれが 今日一試合目のおれが まず流れに乗るんだ

千早が連取させて貰えず、差が広がっている。太一は不安になる。

また言い過ぎたか? おれ

しかし、千早は落ち着いた表情。去年とは違う。一年経ったのだ。

逢坂の鉢巻が緩み、それを直す。以前は逢坂だけが鉢巻を着けていたが、逢坂が全国大会のために皆の分も作って来たのだった。逢坂は仲間からの視線を感じ、声掛けするが。

団体戦やのに なんで声出すの 私だけなんやろ クイーン? えつにどうでもええ

千早は大山札を送る。敵陣の別の大山札が読まれ相手が囲み手をするが、千早はそれを破った。須藤が知る千早は、大山札が苦手だった。

得意な札を速く取れるやつはたくさんいる 本当に勝負を分けるのは 得意がかすむほど苦手をなくすこと

千早の囲み手が下手だと注意したのは西田だ。よく聴いて飛び込むのが向いていると勧めたのは駒野。皆が練習に付き合ってくれた。

クイーンはどうでもええ でも この子は ここで叩く

逢坂は静かにそう決意した。

 

ちはやふる(13) (BE LOVE KC)

ちはやふる(13) (BE LOVE KC)

 

 

memo

机くんの分析力に乾杯。歌手の名前を聞いて悲恋系と分かるとか、音楽なんて興味なさそうなイメージなので意外w 読まれた札は 「わがいおは」 「こころにも」 「はるのよの」 「やまがわに」 「みちのくの」 「おおえやま」 「いまこんと」 「あまつかぜ」 「あらざらん」 「きみがため・お」。