読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第73首 クイーンと戦う前提で練習してきた

逢坂は千早を見詰める。

あの一字決まりの速さ 囲み手破り 全身で言ってる 「クイーンになる!」 叩く

流れが瑞沢に来そうだ。次の札を仲間達が皆取る。しかし、千早だけ連取ならず。逢坂が大山札を送り返して来た。千早自陣の大山札を、今度は逢坂が上手く囲って取った。

囲み手破りの対策なんてやってるに決まっとお クイーンと戦う前提で練習してきたんや

逢坂がムキになって来たのを、千早は感じる。観衆の注目も、北央と富士崎戦から移り始めた。

明石女子のエンジンは逢坂 でもほかの子たちも着実に力をつけてきとる クイーンを目指す逢坂の練習相手なるいうんは そういうことや 動機があればここまで強くなるんやな いまの明石女子は 逢坂のために強くなったチーム

須藤は千早に若宮詩暢の姿を見る。

あいつ あんな札際の速いかるたを取るやつだったか? 逢坂のほうが飛び出しは速いのに抜いていった――… まるで……

千早に連取が出て来た。派手な取りはないが、差がもうない。西田の対戦相手、夕部から初めて掛け声が出て仲間達が驚いている。

「恵夢 まず私勝つから あんたは焦らんでやりぃよ」

逢坂は皆の期待に応えようと頑張って来た。そんな彼女の変化を、カメラ男子が見て取る。

欲にまみれる君が見たい

千早と逢坂の同時の取り。千早がモメ負けた。モメるのもモメられるのも向いていない。太一はいつもの千早になるのを感じ取り、声を出す。

「よし ここから攻めるぞ 瑞沢!!」

逢坂からも声が出る。

「さ 一枚 一枚 一枚取るよぉ!!」

観衆の視線が集まっている。

両者互角 空気が 全員の圧力がぶつかってる

 

ちはやふる(13) (BE LOVE KC)

ちはやふる(13) (BE LOVE KC)

 

 

memo

読まれた札は 「みよしのの」 「あさぼらけ・う」 「あらしふく」 「つきみれば」 「やすらわで」 「あいみての」 「ありあけの」 「こぬひとを」。しかし、長い試合だ……

第13巻終了。巻末四コマ漫画のネタは、もし瑞沢が女子校だったら、男子校だったら、北央が女子校だったら。