読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第74首 試合さえ暇潰し

ペナルティの反省文を書いている新。マイペースに過ごしている若宮。そこに藤岡西の先生と生徒が到着。京都代表に勝った瑞沢がベスト4で明石第一女子と試合中であることを、新が知る。

勝ってる がんばってる 太一 千早

若宮は新に「暇潰し」でかるたをしようと言って来る。今日は団体戦の日だから、と断る新。

詩暢ちゃんにとっては 試合さえ暇潰しや 強すぎて

 

瑞沢と明石女子の白熱した試合に注目が集まっているのは、一方の試合で北央が既に三敗しているから。運営委員の先生も感心しつつ見ている。

強い 今年の富士崎は評判以上だ しかしまさか北央対富士崎より 明石第一女子対瑞沢のほうがいい試合をするとは…… 瑞沢はポッと出の高校だ かるた歴のある指導者もいない その子たちがここまでの試合を――…

先生は新が言っていたことを思い出す。

どうしよう もし綿谷新くんが見たかったのが 瑞沢のほうだったら…… もう遅い もう終盤だ

西田が夕部に負けた。しかし、すかさず大江が勝利。場の枚数はあと六枚。太一は相手の様子を確認し、頭の中で残り札を整理する。

終盤に見える枚数だけどそうでもない わかってるかな? 空札はまだ18枚もあること――

自分の名前に纏わる「す」と「む」の札を取られた逢坂は、千早の早さが本物であると認め、千早の名前を頭に刻む。そして読まれた「ちはやぶる」。瑞沢チームが皆得意とする札で、太一が勝利を決める。しかし、千早は取り逃していた。逢坂が札を手にする。

『す』と『む』のお返しや

もう一方の試合が終わった。北央は一勝四敗。千早達の戦いは続く。

恵夢ちゃん がんばろうね がんばろうね わたしたち いつまでも 詩暢ちゃんを 一人にはしておけない

 

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

 

 

memo

登場した札は 「むらさめの」 「あきのたの」 「ちはやぶる」 「しのぶれど」。しかしまあ、試合が長いです。(通算二回目)