chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第75首 僕を助けるのは僕のデータ

千早は敗戦。挨拶後いつものように倒れ込む寸前、両隣にいる太一と大江が止めた。二勝二敗で、駒野が戦っている。空札四枚ありの運命戦。空札が三枚読まれた。駒野は立ち上がって一息。

怖い 最後の一試合 勝負の矢面

また空札が読まれ、もう空札がないので、次の一手で決まる局面。

怖い でも 僕を助けるのは

駒野が敵陣の札を攻めて終了。瑞沢が三勝二敗で準決勝勝利、決勝進出。千早が駒野に何故飛び出せたのかを訊ねる。

「聴き分けられるわけないじゃん イチかバチかだよ 僕が見てきた試合のデータでは 運命戦では『あ』の札が読まれる確率がほんのすこし高かった それだけ」

太一や西田も師匠にジンクスのことは聞いている。駒野はまだかるたを始めて一年三カ月だが。

僕を助けるのは 僕のデータ みんなのことも助ける かならず

 

新が「東京代表の友達」を応援しに来たと言っていたので、運営の先生は北央の方、しかもちょうど新のことを知っているヒョロに伝えてしまう。その北央はこれから三位決定戦。須藤はプレッシャーを掛けつつ、真顔になる。

「おれも甘かった 決勝まで行くと思って いまの試合見てなかった 決勝まで行くと思って 出し惜しみしてた 見てるから 北央なら勝って終われ!」

 

富士崎は決勝のオーダーに、勝ち抜いて来たベストメンバーではなく、必ず下級生を入れることで知られる。戦々恐々とする富士崎部員。そしてやはり今回も変更して来た。

 

勝戦を前に集まる瑞沢メンバー。逢坂に負けたことを悔やんでいる千早の手首を、太一が無言で掴む。太一が千早の握り拳の指を一本一本起こして行くと、千早本人も気付かぬうちに握り込んでいたので、掌には爪の跡がくっきり。

力を抜け 力を抜け 力を抜け 力を抜け 決勝戦

筑波が宮内先生に、大江を外して自分をスタメンに入れるよう主張。

「目立ちたいとかじゃないです でも おれもいるんです 富士崎も決勝も怖いけど おれもいますよー!」

筑波に言われ、大江は微妙な表情で次も出ると言うが、次第に俯く。

「……うそです 筑波くん 勝ってきて……」

 

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

 

 

memo

決勝前に無言で千早の握り拳を解く太一。試合で読まれていたのは 「うらみわび」 「はなさそう」 「みせばやな」、最後が 「ありまやま」。