読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第76首 日本一をかけて戦うよ

大江は利き手を突き指してしまっていた。

「ラッキーなんです! ケガしたのがエースの千早ちゃんじゃなくて スタメンに入れる1年生もいて いい風が吹いてる 瑞沢が優勝するシナリオです!」

筑波は花野に怪我に気付いていたのかと訊かれて「もちろん」と答えたが、体力を心配していただけだった。

大江先輩とおれの嘘は 全然ちがう

富士崎は決勝戦で初めて抜擢された山城理音のことで不穏な空気。桜沢先生の采配は恐ろしいが、そのお陰で強い。太一は新と似た男を見つける。

なんか…… 新に似てるな 身体つきとかメガネ顔とか―― あれ……? おれ いままで 新のこと忘れてた…? あんなにチョコチョコ浮かんでたのに 集中してたから? 団体戦に……

駒野は得た情報から、外れるメンバーと下級生が入ることも読んでいた。

僕ができるのはここまでだ たぶん僕は試合では勝てない そんなに甘くない だけど だけど

 

勝戦。読手は山城今日子七段。大江憧れの読手で、大江は出れないことを悔しがる。そして、富士崎の山城理音は、山城今日子専任読手の孫だった。オーダーは理音と当たるのが千早。ここまで出場していなかったので、駒野のデータは無い。

でも 綾瀬は 女子で日本一になるんだろ?

西田は、理音にスタメンを奪われた双子の片方、鈴木奏太との対戦。

おれの無念は おれが晴らす

太一の対戦相手は、新似の男、江室凌雅。主将対決となった。駒野には意外なことに、太一が自ら「おれは主将とやる」と言ったのだった。

逃げない 団体戦のおれは 新だって怖くない

筑波は市村充輝との対戦。

ここで勝って 大金星で 本物のヒーローに

駒野は山井真琴との対戦。偵察時に遭っているので「スパイくん」と言われ、早速舌戦から開始。

「山井さんもヤバイと思ったとき おでこに風送るのやめたほうがいいよ」

千早が仲間に話す。

「私って じつは欲張りなんだ クイーンになるより 女子で日本一になるより みんなで日本一になるほうが絶対難しい」

 

新が滞在している部屋に、ヒョロが現れた。新はヒョロのTシャツの高校名を見て、彼もかるたを続けているのだと知り嬉しくなる。ヒョロが言う。

「綿谷くん…… い 行かないの? 応援に 真島と千早が 日本一をかけて戦うよ」

 

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

 

 

memo

詩暢ちゃんの生着替え。スノー丸キャミ。