chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第77首 全敗の予感を

新はヒョロを追い掛けようとするが、明日の個人戦を諦めなくてはならなくなるので断念。若宮は団体戦に反応を示した新に冷たい視線を送りつつ、着替えを済ませて帰宅しようとする。

「詩暢ちゃん 励まされる子がきっといるが すこしでも見に行かんか 団体戦

若宮は新の勧めにも「そんなわけない」と言い、出て行った。

 

勝戦。札を開いてみると、一字決まりがたった一枚、「ち」の札もなく、千早には厳しい状況。千早の正面で、理音は不気味に口角を上げている。暗記時間に富士崎チームは理音を残して席を立ち、四人は廊下でストレッチ。ついでに恋バナ。その傍を足音もなく若宮が通り過ぎる。

この程度の耳や 団体戦のトップレベルの選手でも 楽しそうにつるんでワイワイやって 札から離れて 「今日は団体戦の日や」 新 なんでや 新

 

必死に暗記する西田、筑波。駒野もシミュレーション。

考えろ 考えとくんだ どう動いてどう取ってどう送るか いろんなパターン考えるんだ 「たぶん僕は勝てない そんなに甘くない」 越えたい 自分でしてしまったあの分析を

江村が席に戻った。やはり新に似ている、と太一は見て考える。

全国大会団体戦決勝 相手は富士崎の主将で A級 自分で対戦相手を選んだ ここで勝てたら変われるんじゃないか――

江村が口を開いた。

「覚えてるよ きみ 去年うちの先輩とB級の決勝を戦ったよな 覚えてるよ」

で、まだB級? と、線を引かれたように感じる太一。一方の江村は太一のことは横に、観客席に座る大江に目をやり、全く別の妄想に走っていた。

ああ……残念至極…… 本当は瑞沢のあの子のHカップが揺れるのを目の前で見たかった……

他の富士崎メンバーも試合前だというのにリラックスしている様子。

 

そして試合が始まったが、初っ端から相手に取られ、相手に目をやる千早。

な…… なにこれ ちがう 全然ちがう 反応が ”感じ”が

富士崎側が皆、札を取っていた。桜沢先生が見守っている。

理音 決勝戦だけの1試合 読手はあなたのお祖母さまの山城今日子七段 今日は存分にやれるでしょう? ほかのみんなも5枚も取れば与えられるはず 瑞沢に 全敗の予感を

若宮はその試合を見に来ていた。

なんでや 新 つまらん試合になりそうやのに……

 

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

ちはやふる(14) (BE LOVE KC)

 

 

memo

続、詩暢の生着替え。スノー丸かぼちゃぱんつ。読まれた札は 「このたびは」 「おもいわび」。