読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第80首 団体戦で勝つことしか考えない

瑞沢はまだ劣勢。太一は4枚差。取られて5枚差。相手は強い。でも、何故か新よりは弱いように思う。相手が何やら妄想して妙な動きをする様子に、絶対新の方が強い! と思う。

新 おまえのことを忘れて喜んだり 思い出して励みにしたり ダメだな おれは 忘れることが下手なんだ

太一は子供の頃の原田先生との練習を思い出す。

こんばんは さあ始めようか 強くなったね まつげくん じゃあ今日からハンデは5枚だ

目を閉じてみる。

5枚先生が多く持って 始まる練習日の一回戦 今日の4試合分の暗記も この試合の細かい札の動きも 消えろ

思い切りの良い取りを見せる太一。相手側の桜沢先生も、大江達も目を見張る。

駒野は苦しんでいるが、西田は札を細かくチェックして策を練っている。筑波は相手の変なフォームに惑わされていたが、要するに舐められているのだ。得意の「つ」の札を取った。

千早は七連取。理音はすっかり萎縮している。駒野が山井に負け、富士崎一勝目。山井が理音に喝を飛ばし、理音は気付いて髪を耳に掛ける。山城読手は理音に目をやる。

幸せねえ 理音 私が読手として出ることで 不公平が生じるかもと不安だったけど 互角の”感じ”の子がいる――

山城が連想するのは、大福を差し出しつつ、読みを録音させて欲しいと頼んで来た若い周防。

千早は若宮の存在に気付く。見渡すが、新はいない。子供の頃の新の姿が浮かぶ。

なんで…… 詩暢ちゃんは新が連れてきてくれたと思うんだろう

指が痛い。

個人戦 戦えないかもしれない 新とも詩暢ちゃんとも 試合できないかもしれない でも

千早は仲間達の肩を順に軽く叩いて回る。皆もその気持ちを受け取る。

同じ気持ちが伝わってくる 団体戦で 勝つことしか考えない

 

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)

 

 

memo

子供版太一と原田先生の場面が可愛い。読まれたのは 「やまざとは」 「おうことの」 「つきみれば」 「わすれじの」 「よのなかは」。