chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第82首 勝利確定席

瑞沢はここまでかと思われたが、太一が「するぞ、3勝」と声を上げた。駒野も驚く。

真島…… 真島が言った…… この窮地で 3勝って…… 基本的に不言実行 慎重でプライドが高くて 負けたときのことをいつも考えるのに あっちの主将に挑んでいったのだってそうだ 真島が変わろうとしてる

太一は一息入れるため立ち上がり、札を見直す。頭に原田先生が浮かぶ。

…… 出てこなくても おれの先生は 原田先生だけ

敵陣の札一枚を睨み、出ろ出ろ、と強く念じる。狙い通りに出て取り、送り札のための長考に入る。良い流れなのに迷っている場合ではない、と筑波は考えたが、次の札で相手のお手付きを呼んだ。太一は長考のふりをして、その後のイメージを叩き込んでいた。相手は楽な試合をさせてくれるわけのない北央戦を経て、疲れている筈なのだ。

原田が言う読み手に近い「勝利確定席」にいるのだからと、千早は自分を励まし勝利。礼の形を取るが、挨拶の声が出ない。即寝していた。

千早の姿を見届け、太一と西田は前を見る。西田も前半から盛り返していた。太一は千早の言葉を考える。

『クイーンになるより みんなで日本一になるほうが 絶対難しい』 千早の言うとおりだ

太一は一字決まりを取られた。千早はまだ倒れ込んだまま。

名人にもクイーンにも 何度だって挑戦できるけど おれたちが団体戦で戦えるのは 高校3年間しかない

二組は運命戦となった。札合わせも出来ている。

来年 優勝争いがまたできるとは限らない たぶんもう 二度とない

 

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)

 

 

memo

机くんの太一プロファイリング。読まれたのは 「わたのはら・こ」 「あらしふく」 「よのなかよ」 「あまのはら」。