chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第87首 終わっちゃった私の夏

A級個人戦三回戦。千早の頭には、若宮と戦った過去の記憶。

去年詩暢ちゃんと戦ってから一日だって消えない あの速さ 強さ 詩暢ちゃんに勝つことだけを目標にしてきたの 全力を見せて 日本一の 世界一の

クイーン若宮は安定の速さ。

決まり字までまったく動いてないように見えるけどそうじゃない 手が動いてないだけで身体は読みのイメージを追って動いてる ためてるんだ ミスなく決まり字の瞬間にピタリと取るように それも最短距離の札の縁を刺すように

千早は苦手の大山札を一枚守って取る。左利きの人が取りにくい大山札の位置があるのだ。しかし、取り続けているのは若宮ばかり。

札際…… ほんの少しで負けてる 詩暢ちゃんの正確さに負けてる 得意札なのに……

ガーゼもテーピングも重い。全て外した。若宮は千早を見詰める。

あんたは…… 昨日団体戦で優勝したとこのエースやろ? お友達と仲よく目標は達成したやろ? なんでや ケガまでしとんのに私に集中してるわ かるたに集中してるわ

若宮の得意札「しのぶれど」を取る千早。皆も驚いている。しかし、千早の指が……

 

千早は23枚差で敗戦。千早は若宮に泣きながら言う。

「あ ありがとう 手かげんしないでくれて ま また かるたしようね」

小さな声で「いつや?」と訊く若宮の背中に、千早が答える。

「ク クイーン戦で!」

伸ばした手は触れなかったが、もうすぐ届きそうだった。

 

若宮は幼い頃に去って行ったかるた仲間の女の子を、泣きながら名前を呼んだ時のことを思い出し、少し涙を浮かべる。しかし、闘志を燃やし始めた。

23枚差…… 2枚も取られた ケガ人相手に…… 「しのぶれど」まで 次は一枚も取らせへんで

千早はソファの下に崩れ落ちる。

終わっちゃった 詩暢ちゃんとの試合 終わっちゃった 終わっちゃった 私の夏――

 

ちはやふる(16) (BE LOVE KC)

ちはやふる(16) (BE LOVE KC)

 

 

memo

スノー丸シャツと、激レアマミィベアタンクトップ on チームシャツの戦い。詩暢の幼い頃の寂しい記憶は第81首で、セオリーとは違う気がするが銀杏混じりの紅葉が流れている。

読まれたのは 「こいすちょう」 「きみがため・お」 「ひさかたの」 「しのぶれど」。