chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第91首 うちはクイーンやから

「神」にかかる枕詞、千速振る―― 千早は身を乗り出し、太一に止められる。

 

新も最初からこんなかるたを取れていたわけではない。まだ身体が小さい頃は村尾に負け続け、いつも祖父をイメージしてやっているのにちゃんと動けないと悔しがっていた。祖父に言われた。

そんな怖い顔してかるた取ってるんか? イメージっていってもぉいろいろや 自分の身体がいちばん軽く動いたのはどんなときや? かるたがいちばん楽しかったのはいつやし? とりあえず 具体的には毎日素振り300回やな

祖父が亡くなってから背が20センチ伸び、毎日500回の素振りをし、身体が出来てきた。

イメージに 追いついてきた

 

残り4枚対9枚。騒めく観客席に、若宮は苛々。五試合目、楽な対戦相手ばかりではなかったのだから汗ぐらいかくが、タオルを使うという滅多にない行動にまた観衆が煩い。

他A級選手達が見ても、速さのあまり判断がつかない取り。

百枚といちばん強くつながっとんのは うちや 新

立って見下ろす若宮に、笑顔で返す新。

ホンマ 調子狂うわ このニコニコメガネ 油断ならんわ 集中や集中

運営の先生も唸って見詰める。

まちがいない 高校生の……いや A級最高レベルの一戦

熱戦の末、若宮は二枚差で敗戦。顔を上げ、フッと笑う。沸くギャラリー。

何年も無敗のクイーンに 土をつけた すごい男子が出てきたぞ

新が若宮の額に手を伸ばす。

「熱 あるんやろ 詩暢ちゃん 昨日ずぶ濡れになって 保冷グッズまで使って…… すごいな よくやり切ったな」

若宮は自分に向かって来る人と戦ってみたかったのだ。

「…… 当然や うちは クイーンやから」

 

ちはやふる(17) (BE LOVE KC)

ちはやふる(17) (BE LOVE KC)

 

 

memo

読まれたのは 「ゆらのとを」 「なげきつつ」、最後が 「きみがため・は」。新と詩暢の組み合わせいいじゃん、と思ってしまう。