読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第93首 私はきっとまだなんにもわかってないんだ

千早の手術は成功。夏休みの宿題の短歌にとりかかるが、かるたがしたくなる。

おれ 試合するときはいつも あの部屋に帰るんや

新の言葉を元に想像してみる。アパートで対戦する新と西田、新と若宮……そして新と自分。

新と出会ってから 私の毎日はかるたでいっぱい 強くなりたくて強くなりたくて あの情熱を受けて立てる人間に

太一と大江が千早の見舞いに来る。大江は千早が作った短歌を読んで気付く。

夏の日の 暑さのとどかぬ 室内で きみの言葉の 届くしあわせ
この角を 曲がってふっと 会えるかな 奇跡か夢か そういうの待ち

見舞い帰り、大江は太一の背中を叩く。

「がんばらないと 部長! お見舞いだって べつに私誘って行かなくてもいいんですよ 千早ちゃんきっと いつまでもあんぽんたんじゃないですよ」

太一は顔色を変えることなく「わかってる」と返事するだけ。

 

千早は桜沢先生に誘われ、富士崎かるた部の一泊合宿に、太一と二人で参加。ヒョロ他、北央からも来ている。着いて見れば、聞きしに勝る体育会系。試合にランニング、ストレッチ、裏山登山。そして、桜沢の指導。

「かるたは矛盾の競技よ 速く取ればお手つきが増え 遅いと取られる その矛盾とつきあいなさい 自分にとって いちばん最適な矛盾の交点を探しなさい どんなに苦しい試合でも焦らないために いま苦しみなさい 追い込まれた経験がない者は決して強くはならないわ」

凄いわけだ。千早は知らなかったので、ヒョロに怒られる。

「おまえそんなことも知らずに来てんのかよ 桜沢先生はクイーンにはなったことはないけど 準クイーンの座には5回もついてる 最強の挑戦者って言われてた人だぜ」

千早のハートが掴まれたところで、夜は女子同士で恋バナ。しかし、彼氏はいないの、瑞沢の部長は、と問われても、皆が呆れるような答え。

「か…… 彼氏とかはいないんだけど でも…… かるた強くならないと 目の前にさえ座れないから がんばらないといけないんだあ」

そんなかるたバカを余所に、高校選手権で告白すれば良かったなどと恋バナを続ける女子達。

みんな…… そういう気持ちであそこにいたんだ 好きな人がいて 同じ気持ちになって 新は…… どんな気持ち? わかんない全然 でもわかりたくて かなちゃんの言うとおり 私はきっとまだなんにもわかってないんだ

 

太一は富士崎の日向良彦、通称ヨロシコ部長にストレッチを教わっている。千早がその様子を建物の外から覗いていると、ヒョロ登場。太一はこの日の七試合全勝だったと言う。凄いと感心する千早に、ヒョロは釘を刺す。

「余裕こいてんなよ おまえだってあぶねーぞ! 公式戦で当たったことねーだろ おれ…… 夏の大会の時も思ったけど 真島は おまえがそばにいないほうが強いと思う」

千早と太一は小学生の頃から一緒だったのに……

私はきっとまだ なんにもわかってないんだ 太一のことさえも

 

ちはやふる(17) (BE LOVE KC)

ちはやふる(17) (BE LOVE KC)

 

 

memo

アパートを背景にしての対戦イメージ三組。何故ここで肉まんくん? 直近の個人戦で顔を合わせていたけれど、千早がその試合を気に掛けている様子は無かったのに。新と太一ならまだしっくり来るし、あのアパートならば幼馴染三人で三組の対戦を思い描かないのか? 何か凄い唐突……と思っていたところ、この時点で気付くわけもないが、高校三年夏の大会とも繋がっていた。組み合わせだけではなく、その視線も。答え合わせは第160首から数話と、第169首第170首

そして、他校の生徒にも「かるたバカ」で通っている千早。瑞沢の部長は、と聞かれているのに、新のことを思い浮かべていて耳に入っていない様子。前話で「新が好きなんだ」とか閃いた様子も、新の気持ちを「私はきっとまだなんにもわかってないんだ」、更には「私はきっとまだなんにもわかってないんだ 太一のことさえも」。太一が第16首で「千早のことさえわかってないんだって~」と言っていたのと対になっているのだろうけれど、千早の場合はただただ幼稚さだけが気になる……

第17巻終了。巻末四コマ漫画は、西田姉弟の名前、千歳写真集で散財した千早、ヘアワックス、大食い理音。