chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第99首 世代交代か

準々決勝。新と坪口、原田先生と村尾、太一は須藤、千早は猪熊との対戦。千早は相手が元クイーンとは知らず、西田に聞かされても「へーそっかー」とあっさりした反応。

太一は北央勢に腕を揉んで貰ったり、飲み物を飲ませてもらっている須藤を見る。

須藤さんとの対戦…… 大丈夫か? 格下の相手と見るや 人をおちょくったような配列にしたり 言葉で攪乱してくるタイプ――… ベスト4に残るチャンスなんだ しっかりしろ しっかりしろよ おれ!

原田先生が白波会四人で円陣を組んで来る。

団体戦みたいだな 白波会の選手が4名もベスト8に残ってる こんなの初めてだ これこそ4対4の団体戦 もちろん狙うは白波会の4戦4勝だ」

村尾は南雲会同士、新に声を掛ける。翠北会の北野先生は、山本のために猪熊を観察。注目株の高校生、千早は丁度良い試金石、どこまでやれるのか。

須藤が楽しそうに「ちは」札を持ち、太一の神経を突いて来る。太一苛々。

隣の席に千早がいても 自分の試合で手いっぱいだよ

太一は集中しようと努める。

そうだ 今日は部長じゃない 手いっぱいでいい やるんだ

 

千早は読手の「高低」を聴き、丁寧さとキレをもって連取。皆が驚く。

これは 今日見るのは 猪熊遥の復活じゃなく 世代交代か……!?

猪熊が取った。高低差のつきにくい「あ」の札の聴き分け。

もっといろいろあるわ 響きっていろいろあるの 高い低い 女性的男性的 強い弱い 丸い鋭い 読手が西か東か

猪熊の耳が捕えて来た。しかも、定位置を動かさず札がバラバラになって行く、独特のかるた。

札押しを許さない 活路は札直のみ

皆の猪熊を見る目が変わって来た。

これって情熱っていうのかしら 欲だと思うの 示したい クイーンだったころより なお強く 全盛期はこれからだって

 

ちはやふる(19) (BE LOVE KC)

ちはやふる(19) (BE LOVE KC)

 

 

memo

須藤に傅く北央勢。そして、太一をおちょくる様子があまりにも楽し気でwww 読まれたのは 「ほととぎす」 「ひさかたの」 「やえむぐら」 「ありあけの」 「つきみれば」 「うかりける」 「わすれじの」 「あまつかぜ」 「あきかぜに」 「いまはただ」。